For Kids 子どもたちのために

ベルギーからやってきた子ども向け自転車教室「ウィーラースクールジャパン」

MENU
ウィーラースクールとは?
カリキュラム
スクール情報・レポート
運営マニュアル
スクール問い合わせ

スクール情報・レポート


夏満喫! 第7回8回美山サイクルチャレンジレポート

第7回8回美山サイクルチャレンジ
去る2010年7月28日(水)、8月16日(月)の二日間。
京都府南丹市美山町で、ウィーラースクールが開催されました。
今回は、公道を使ったサイクリングがメイン。
朝8半から公道での安全な自転車の走り方を指導された子どもたちが、美山町の中心部、南丹市役所美山支所を出発、約3〜4時間かけて、目的地の美山川源流まで30km以上の距離を自分達の力で見事走り切りました。
このスクールには、地元美山の小学生を中心に、第7回で25名、第8回は町外の子も含め約45名が参加。夏休みらしく、走った先の美しい清流の中での川遊びに、子どもたちは歓声を上げました。
スクールには、国内外で活躍する自転車競技のトップ選手が特別講師として参加。
トップアスリートと子どもたちの交流に一役買ってくださいました。

両スクールに特別講師として参加いただいた、山岸正教選手(S-1、競輪選手会京都支部)の撮影した映像で、子どもたちがイキイキと自然の自然豊かな美山の道を走る姿をご覧ください。


■夏休みチャレンジ第一回

美山サイクルチャレンジ

2010年7月28日(水)午前8時半〜午後4時(昼食付き)

<主 催>ウィーラースクールジャパン
<協 力>NPO法人芦生自然学校
美山自転車聖地プロジェクト実行委員会
<後 援>南丹市教育委員会
<参加者>小学生20名
<講 師>山岸正教(S-1、競輪選手会京都支部)他
<講習内容>
・公道を走るための知識
・スラローム、ブレーキングなどの練習
・美山支所前を出発〜芦生原生林の京大試験場までサイクリング(約30km)所要時間:3時間半
・芦生の河原で、魚取り、水遊び
・美山支所まで車で搬送〜解散

■夏休みチャレンジ第二回
美山サイクルチャレンジ2010年8月16日(月)午前8時半〜午後4時(昼食付き)
<主 催>ウィーラースクールジャパン
<協 力>NPO法人芦生自然学校
美山自転車聖地プロジェクト実行委員会
<後 援>南丹市教育委員会
<参加者>小学生45名

<講 師>

山岸正教(S-1、競輪選手会京都支部)
飯野義則(シマノレーシング)
畑中勇介(シマノレーシング)
鈴木譲(シマノレーシング)
村上純平(シマノレーシング)
平塚吉光(シマノレーシング)
野寺秀徳監督(シマノレーシング)
<講習内容>
・公道を走るための知識
・スラローム、ブレーキングなどの練習
・美山支所前を出発〜佐々里峠手前の別れまでサイクリング(約30km)所要時間:3時間半
余裕のある子どもは、そこから折り返し、10km先にある田歌の河原まで走る
・田歌の河原で、魚取り、水遊び
・美山支所まで車で搬送〜解散

コメントを行う


サイクリングスクール.jp