For Kids 子どもたちのために

ベルギーからやってきた子ども向け自転車教室「ウィーラースクールジャパン」

MENU
ウィーラースクールとは?
カリキュラム
スクール情報・レポート
運営マニュアル
スクール問い合わせ

スクール情報・レポート


美山<通年>スクール第1回レポート

美山通年スクール第1回

美山<通年>スクール第1回

<日 時> 2011年3月21日(月祝) 9時00分~12時00分
<場 所> 京都府南丹市美山町 南丹市役所美山支所駐車場

<主 催> ウィーラースクールジャパン
<主 管> 美山サイクリングクラブ
<後 援> 美山自転車の聖地プロジェクト委員会

<講 師> 辻善光(宇都宮ブリッツェン)

<参加者>11名

<講習内容>
今年度からウィーラースクールが取り組んでいくテーマの一つが「年間を通じたカリキュラム」。
これまでの単発のスクールではなく、1年を通じて子どもたちが自らの成長を実感できるように、
スポーツカルテを用意し、個々の習熟度を管理しながらレベルに応じた適切な指導を行うのが目的です。
今回はその最初のスクールとなり、まずは子どもたち各種目ごとに体験や計測などを行いました。

今回は雨天ということもあり屋内の駐車場での開催だったため十分な広さが確保出来ず、
すべての種目は行えませんでしたが、子どもたちは特別講師の辻善光選手の指導のもと終了までの3時間、
元気に楽しくいろいろな種目に挑戦していました。
そのなかでもボトル取りは、あまり経験した事が無い事もあり子供達全員が興味を持ち一生懸命集中し、
チャレンジ精神を発揮したカリキュラムでした。

参加者は、未就学児童から小学5年生まで11名。
技術的なばらつきはあったものの、多くの子どもがあれよあれよと技術向上していく様子に、特別講師の辻善光選手も
「小さな子もすごく上手い!このままのスピードで上手くなっていったら将来が楽しみ。
やはり子どもは飲み込みが早い。こういう技術は、子どももだが、むしろ大人も必要なのでは?」
と驚きを隠せない様子でした。

ウィーラースクールでは、今回の計測結果をもとに個々の目標となる技術レベルを設定していく検討会を早急に開催し、
今後のカリキュラムの充実を目指します。

この通年スクールは、いつからでも個々のレベルを計測した上で指導を行えるため、
途中からの参加でも十分な指導が可能になると考えます。

<ウィーラースクール in 美山の年間計画>
★は、特別イベント
3月21日(月祝)    第1回 スクール
4月16日(土)    第2回 スクール
5月14日(土)    第3回 スクール
5月28日(土)    第4回 ★春のサイクリング★
5月29日(日)    ★美山ロード キッズレースチャレンジ★
6月11日(土)    第5回 スクール
7月18日(月祝)    第6回 ★夏のサイクリング-1★
8月16日(火)    第7回 ★夏のサイクリング-2★
9月3日(土)    第8回 スクール
10月8日(土)    第9回 ★秋のサイクリング★
11月3日(木祝)    第10回 ★ふるさと祭り★
12月30日(金)    ★お餅つき大会★

■年間のカリキュラム内容(予定)
●初回受講者<必須>
交通安全指導、自転車の歴史、しくみ
環境によい乗り物としての自転車 などの映像解説など

●チャレンジカリキュラム…初級〜中級
<安全に楽しく走るためのテクニック向上をめざします>
一本橋やスラロームなどのテクニックの練習
集団で上手に安全に走る練習  など

●スポーツカリキュラム …中級〜上級
<本格的なスポーツとしてのトレーニング>
美山ロードのコースを使った練習
本格的な競技走行の練習
レースなどの競技へのチャレンジ など

●自転車のメカニック講座<必須>
簡単な修理からメンテナンス
自転車のしくみと構造を理解し、道具を大切にする気持ちを養う
※興味のある子どもたちには、本格的なメカニック講座も予定

●サイクリングイベント
自転車に乗ってアウトドアを楽しむ(BBQ、川遊びなど)
※まだ走ったことのないような美山町全域走破を目指します。

●自転車マラソンチャレンジ <希望者>
出来るだけ長い距離を走ることにチャレンジします。
(例:70キロ、100キロなど)
長距離を走るための知識や工夫をするやり方を自分たちで考えます。

●番外:補助輪をはずす練習も、希望があれば随時行います。


コメントを行う


サイクリングスクール.jp