For Kids 子どもたちのために

ベルギーからやってきた子ども向け自転車教室「ウィーラースクールジャパン」

MENU
ウィーラースクールとは?
カリキュラム
スクール情報・レポート
運営マニュアル
スクール問い合わせ

スクール情報・レポート


美山<通年>スクール第3回レポート

美山通年スクール第三回

美山<通年>スクール第3回

<日 時> 2011年5月14日(土) 9時00分~12時00分
<場 所> 京都府南丹市美山町 南丹市役所美山支所駐車場
<主 催> ウィーラースクールジャパン
<主 管> 美山サイクリングクラブ
<後 援> 美山自転車の聖地プロジェクト委員会
<講 師> 竹之内脩兵さん
<参加者>約30名

<講習内容>
通年開催の第三回となる今回は、好天に恵まれる予報でもあったため、カリキュラム会場を飛び出して美山町サイクリングに出かけることに。
目的地は、美山支所のある宮島から、西へ肱谷方面へむかう林道。
通常、あまり使われていないこの道は、車が通ることが滅多にないため、子どもを安全に走らせるにはもってこいの道である。子ども達はこの道を、体力に応じた形で走れるだけの距離を走った。

交通量の圧倒的に少ない美山町とはいえ、今回のように公道に出る場合、万が一の危険回避のためにも、交通ルール遵守の徹底と、公道走行のための技術の確認、習得が必要。
今回は、一列で走る場合の手信号のやり方、路肩の駐車車両の追い越しの仕方と注意点など、実際に車道を走行する場合に必要なポイントを全員で約40分程度練習した後、実際のサイクリングに出発した。

いつもは、技術のカリキュラムが中心のスクールであるが、今回のように天候にあわせたカリキュラムの臨機応変な調整が可能なのも、年間を通じた開催のメリットであると言える。

次回、四回目となるスクールでは、いよいよこれまで検討を重ねてきたカリキュラムシートの評価方法の本格的なデビューを目指す。

美山通年スクール第三回集合写真


コメントを行う


サイクリングスクール.jp