For Kids 子どもたちのために

ベルギーからやってきた子ども向け自転車教室「ウィーラースクールジャパン」

MENU
ウィーラースクールとは?
カリキュラム
スクール情報・レポート
運営マニュアル
スクール問い合わせ

カリキュラム・ウィーラースクール


第四章:実践1-4 ライディングテクニック-4(中〜上級)

リレーテクニックと二列縦隊のローテーション(トレーニング50分)

二人組になって様々な動きを行いながら走る。


目 的

・様々な状況に対応したテクニックを身につける
・パートナーとのスピードを合わせる
・思い切ってパートナーと近づく
・集団の中では位置によって難しさに違いがあることを知る


ウォーミングアップ

(コース)
・二人一組でゆっくり走る
・より集中力高めていくため、ジグザグなどの走り方をしたり工夫する


■トレーニング-1 手放し運転

(コース)直線コース
・片手離し~両手放し


■トレーニング-2 二人で並んでのトレーニング

二人並んでの図(コース)コーンを並べたコーナーの多い短いコース
・二台で並んでゆっくり走る
・二台で手をつないでゆっくり走る
上記を左右入れ替える
・片方がもう片方の肩に手をのせ走る
上記を左右入れ替える


ポイント

・間隔の認識を高める
・パートナーとの一体感を高める
・バランスを保って集中する


■トレーニング-3 二列走行のローテーション

(コース) ある程度の距離が確保できるコース(周回でも可。その場合コーナーは単純に)
・六名で1グループをつくり、三人ずつの二列縦隊をつくる
・インストラクターの合図で順次先頭交代していく
・ローテーションの方向を逆回りも行う
二列縦隊の図


ポイント

・二列縦隊の中でのテクニックを覚える
・グループの速さを理解し、すぐ近くの自転車に注意する
・先頭は横に抜けながら、徐々に力を抜いていく
・タイヤの一が重ならないように
・スピードを保てるよう、全体で協調して走る
・二列縦隊のローテーションは集団走行の基本であるため、出来るだけ経験を積めるようにカリキュラムを組む


クールダウン(5分)

・インストラクターに続いて、ゆっくり走る


注意事項

(執筆中)


応用編

(執筆中)

(2011.1.18 更新 Blacky)


コメントを行う


サイクリングスクール.jp